お取引内容についての概要

この度は弊社へお問い合わせ頂きまして、誠に有難うございます。

弊社とのお取引内容についての概要になります。
お取引前に、下記内容について、ご理解・ご納得の上ご利用くださいますようお願い申し上げます。

広洋貿易株式会社の業務内容及び定義

弊社は「中国ECサイトからの買付」「OEM」「ODM」サービスを行っております。

買付

中国メーカーから直接買付を行います。
以下情報を事前にご準備の上、お問い合わせ下さい。

事前にご準備の上お問い合わせ下さい
  • 仕入れたい商品画像(Amazon・楽天などから参考URLをご提示頂けますとスムーズです。)
  • 数量
  • カラー
  • サイズ
  • 希望単価
  • 納期

OEM

OEMの定義

OEMとは、企画・設計・生産のすべてを委託し
中国輸入のノーブランド商品全般にロゴを入れたものを販売すること

  • 紙タグ・布タグの縫い付け、商品へのロゴ入れ、パッケージ作成
  • 品質重視ではなく、手軽さを求めている方向け
事前にご準備の上お問い合わせ下さい
  • ロゴaiデータ(PDF, jpgなどは対応不可)
  • ロゴ入れの位置(イメージ図が必要です)
  • ロゴの種類(型押し/レーザー印字/プリンター印刷/刺繍/箔押し/圧着等)
  • 希望ロット数(商品にもよりますが、ロゴ入れロット数は 「凡そ500個以上でないと非対応」 となる工場が多くございます。)

こちらの商品は、輸入禁止商品となるため輸入不可となります。
予めご了承ください。

  • 液体類
  • 化粧品
  • ブランド品
  • コピー品、偽物
  • 児童ポルノ
  • 爆発物
  • 火薬類
  • 銃器等
  • 刃物類
  • 粉末
  • 指定薬物
  • 貨幣、紙幣等

ODM

ODMの定義

ODMとは、企画・設計は自社、生産のみを委託し
自社でデザインした水着や洋服、バックなど自社ブランドを販売すること

  • 生地選びから商品を制作し世界に一つだけの商品ができる
  • 商品の仕様変更が可能
  • 品質重視の方向け
事前にご準備の上お問い合わせ下さい

ODM制作の場合、お問い合わせの際に「参考となる中国ECサイトの情報」や
「どこをどうする」といった情報を頂いた上で、仕様書のご作成をお願い致しております。

※条件と仕様内容によっては、お断りさせて頂く事もございます。
※添付している「ヒアリングシート」をご利用ください。

一般的なお取引の流れ

買付/OEMの場合

  1. 【貴社】お問い合わせ
  2. 【貴社/弊社】買付商品内容ヒアリング(zoomで行います)
  3. 【弊社】お見積りのご提示
  4. 【貴社】代金のお支払い ※事前にテスト仕入れをされることをお勧め致します。
  5. 【弊社】入金確認が出来次第、買付スタート
  6. 【弊社】買付開始/量産品ご発注・製造開始(契約の締結を行います)
  7. 【貴社】テスト仕入れされた場合、本発注するかor見送りにするのか判断をお願い致します。
  8. 【弊社】買付商品が中国側事務所に届き検品後、配送
    不良がある場合、交換または代替え品を再度リサーチ行いますが
    別途費用が発生することがございます。
    その際は、事前にご相談させて頂きます。
    買付に限り、受注数量より、不良品により数量が少なくなった場合は
    不良個数を、国内送料・国際送料のご請求時に相殺させて頂きます。
  9. 【弊社】配送後、中国国内送料・国際送料のお支払い
  10. 【弊社】ご指定場所へ配送
  11. お取引完了

注意点

  • お支払い時に発生する 「お振込み手数料は、お客様ご負担」 となります。
  • 輸入の際、関税・輸入消費税・日本国内配送手数料が掛かる場合があり、
    これらの費用はお受取時、係員へ実費でお支払い下さい(事前に額は不明です)
    また、税関検査などが発生した場合、その検査の種類によって費用が掛かります。
    こちらは通関会社から指定された方法で実費をお支払い下さい。

ODMの場合

  1. 【貴社】お問い合わせ
  2. 【貴社/弊社】OEM製作内容ヒアリング(zoomで行います)
  3. 【弊社】工場探し・サンプル作成/購入・概算金額の提示
  4. 【貴社】サンプル代金のお支払い
  5. 【貴社】サンプル代金の製造開始
  6. 【貴社】お手元に届き次第、量産するのかor見送りにするのか判断をお願い致します。
  7. 【弊社】量産単価のご提示
  8. 【弊社】量産品ご発注・製造開始(契約の締結を行います)
  9. 【貴社】量産品のお支払い(全額)
  10. 【弊社】量産品が完成し検品完了後、(中国国内送料・国際送料)送料のお支払い
  11. 不良時のご対応が2パターンございます。

    • パターン1、不良品を見込んだ商品の何%かの数量を用意する(注文前に、工場との交渉が必須)
    • パターン2、次回の量産時に、不良品分補填を行う(工場との交渉が必須)
  12. 【弊社】ご指定場所へ配送
  13. お取引完了

注意点

  • サンプル発注時のお支払いは「2回」となります(サンプル代金とその送料)
  • 量産品のお支払いも「2回」となります(前受け金と残金・送料)
  • お支払い時に発生する 「お振込み手数料は、お客様ご負担」 となります。
  • 輸入の際、関税・輸入消費税・日本国内配送手数料が掛かる場合があり、
    これらの費用はお受取時、係員へ実費でお支払い下さい。(事前に額は不明です)
    また、税関検査などが発生した場合、その検査の種類によって費用が掛かります。
    こちらは通関会社から指定された方法で実費をお支払い下さい。
  • 試作製作時点でないと、正確な量産単価は判明いたしません。
    理由としては、量産を作ることを前提とし、1個製造にかかる人件費・歩留まり等、判明しないため算出致しかねます。
    また、合わせて補填・保証の条件も算出することが致しかねます。

ご利用に際して

買付/OEMの場合

弊社サービスは、お客様のご指定に基づいて購入・配送するサービスです。
【ショップ、工場側のミスや品質・日本発送後に起きた商品の破損について】は、
一切の責任を負いませんので予めご了承ください。

買付/OEMでの品質維持は大変難しく、商品によっては脆い商品があります。

また、メーカー 「ご発注の商品ではなく、別の商品が入っている場合」 や
「外観検査で分からない、不良品などの混入」 がある事も御座います。 
商品が日本に到着し、お受け取り後の、返品交換対応は致し兼ねます。

中国国内に商品がある場合は、返品交換は対応させて頂きますが
交渉結果が不調に終わる可能性もあります事、ご理解ください。

そのため、不良品分も見込んだ上で
ご注文することをお勧め致します。

ODMの場合

貴社の仕様書に基づいてODM行うサービスです。

国際規格であるAQL基準(合格品質水準)で検査を行います。
但し、商品によって複雑な検査が必要な場合は、「第三者検品」をお勧めする場合があり
その際は別途実費が発生致しますため、事前に相談させて頂きます。

手数料について

  • 買付のみご依頼の場合:商品代金合計の買付代行手数料7%
  • ODM・OEMご依頼の場合:手数料0円
  • 梱包について

    通常OPP袋などの簡易的な包装でご発送致します。 

    お客様のご指定の包材などを使用し、特別な包装方法を行う場合、別途費用を頂く場合がございます。
    その際は、事前にご相談させていただきます。
    また、通常壊れ物のお引き受けは、行っておりませんが予めご相談ください。

    配送料について

    買付・OEM・ODMのどのお取引でも、国内送料・国際送料が発生致します。

    配送料は日本へ向けて配送する際にしか判明致しません。
    また、昨今国際情勢が不安定でのため、日々料金が変動しています。
    詳しくはお問合せくださいませ。

    配送中の保険について

    お荷物輸送時には、保険は無付与です。

    必要な場合、お客様ご自身で保険会社とのお手続きをお願い致します。
    弊社で書類作成などの作業が発生した場合、その費用はご請求致します。

    輸入の際に必要な書類関係について

    輸入の際に公的書類(例:食品衛生法・薬機法・電気用品安全法など)が必要な商品の
    取得や申請につきましては、お客様ご自身でお手続きをお願い致します。 

    仮に弊社で書類作成や申請代行などを行った場合
    掛った費用実費に加え、別途作成手数料等を頂きます。

    Invoiceは、弊社にて発行致します。
    ※買付の場合、発行手数料が発生致します。
    税関などからお問合せがあった際は
    そのお問合せ先へご自身にてご連絡ください。

    輸入商品について

    税関にて検査対象となった場合の
    検査費用、輸入不許可による滅却費用・輸送にかかった費用(送料)は
    全てお客様のご負担となります。

    また、関税が発生した場合も、お客様負担となります。

    また、弊社では事前に税関対策などを行っておりません。
    輸入の際に、法令や商品についてのアドバイスは事前に致しますが
    税関検査の回避や輸入許可保証を行うものではありません。

    中国の休日について

    日本と同様に、中国にも様々な連休があります。

    特に把握しておきたい休みが、春節です。

    日本と違い休みが、とても長く2週間~1ヵ月半ほどお正月の休みになり
    中国全土(工場・メーカー、物流会社含)が休業期間に入ります。
    旧正月の前後は、中国全土(工場・メーカー、物流会社含)は繁忙期となり
    対応が遅く、返答をもらえない場合がございます。
    (欧州・米国向け商品を製造している工場は、例年10月位から繁忙期に入ります。)

    また、物流の流れも滞る為、通常より約1週間~2週間ほど遅れが出る場合がございます。
    そのため、事前に、旧正月(他の連休も含め)を見据えた予定を組む必要があります。
    スケジュール上旧正月を挟んだ場合、リードタイムが2ヶ月以上空く事も考えられます。

    中国の主な連休
  • 春節(旧正月):1月下旬~2月いっぱい/約1ヵ月間ほど
  • 労働節:5月1日~5日/約5日間ほど
  • 国慶節:10月1日~7日約7日間ほど
  • 中秋節:9月19日~21日約3日間ほど
  • ※旧暦の影響から、毎年日程変動有(担当者から事前連絡有)

    ※日本側の休み:土日祝・年末年始・夏季休暇

    ZOOMにて打ち合わせ可能!

    ≫ お問い合わせ